結婚を決めたら早めに準備しよう|人気の婚約指輪は手に入りにくい

慎重に選ぶことが重要です

男女

大事な記念の品です

婚約指輪とは、別名エンゲージリングと呼ばれており、エンゲージとは英語で「婚約する」という意味になります。結婚することを決めたカップルの男性が、婚約した女性に約束として、または記念として渡します。結婚を口約束だけではなく品物として示したもので、結納品の一つとしても数えられることがあります。以前は男性が婚約指輪を選び女性に渡していましたが、現在では結婚が決まった後に二人で相談して購入しに行く場合が多いようです。また結婚後の新居で必要な生活用品や家具をそろえるために物入りなため、婚約指輪を購入せずにそのお金を新生活に充てるカップルも多くなっています。しかし結婚は一生に一度のこととして、生涯を共にする男性から婚約指輪を貰うことに憧れている女性は多く、金額にかかわらず貰えるのは嬉しいようです。

お店選びは大事です

婚約指輪は主に宝飾店で購入することが殆どですが、その際にはメンテナンスをきちんとしてくれるお店を選ぶと良いようです。理由としては、婚約指輪に多く使われるダイヤモンドの留め金が緩んだ際に修理が必要になることが多いからです。また、年齢によって指輪のサイズが変わる人も多く、アフターメンテナンスが必要になることが非常に多いからだそうです。インターネットが普及した現代では、ネットショップなどで手ごろな価格で購入できる店舗が増えています。しかし、いざ購入した後に近隣に店舗が無いという時には、修理に必要以上にお金がかかるということにもなりかねません。一生に一度の婚約指輪なのですから、信頼がおけそうな店舗で自身の目で判断した婚約指輪の購入が望ましいようです。